【お風呂の扉外し掃除】扉を外して、扉の下部とレールをピカピカに

お風呂の扉の下が汚れてきたので、外して掃除しました。

扉によるかもしれませんが、わが家の引き戸の場合は、持ち上げるようにすると外すことができます。

扉の下部や、サッシをきれいにできるので、おススメです。

お風呂の扉外し掃除の下準備

お風呂の扉を外し、下の部分を浴室に、上の部分を脱衣所に向けて立てかけます。

大きいので、壁などにぶつけないよう、そーっと倒しましょう。

扉を外したところ

扉の下の部分をシャワーで洗ったとき、水が伝って漏れるので、タオルを敷いておきます。

フェイスタオルを敷きましたが、この後、びしょびしょになってタオルを取り換えたので、バスタオルが良いかもしれません。

水が伝って濡れるので、タオルを敷いています

柔らかい汚れはブラシで。固い汚れはヘラで。

扉の下の部分には、黒カビやぬめりがついてひどい状態でした。
さすがに写真は自粛…

無印の目地ブラシでこすって洗い、シャワーで流しました。

目地ブラシでなくても、古歯ブラシで十分落とすことができます。

頑固な汚れが残っています
無印良品 タイル目地ブラシ

ほとんどの汚れは柔らかく、ブラシで軽くこすれば落ちました。

しかし、固いカルキ汚れは残りました。

無印のヘラで落とします

硬い汚れは、無印良品のヘラでカリカリとこすり落としました。

クエン酸水でパックすれば、こすらずに落とせそうでしたが、掃除を手早く終わらせたかったので、ヘラを選びました。

伝い漏れしている水を拭きます

扉の掃除が終わったら、伝い漏れしている水を拭き取ります。

サッシはブラシで掃除。細かい部分はおしりふきと竹串で。

扉を外したついでに、サッシの方もきれいにします。

無印良品の目地ブラシで、だいたいの汚れを落とします。

細かい部分は、竹串におしりふきを巻き付けて、汚れを取りました。

硬い汚れは竹串でカリカリと落としました。

サッシもきれいにしました

サッシ上部の埃も忘れずに落とす

わが家の扉は、上部に空気抜きの穴があるので、サッシが埃で汚れやすくなっています。

埃は、おしりふきで拭き取りました。

扉の上部はおしりきふきで拭きました

サッシがきれいになったら、扉を戻します。

上部をはめ込んでから、下部をレールに乗せます。

掃除を終えて、扉を元に戻しました

最後にブロー換気で湿気を追い出す

扉を戻したら、ブロー換気で中の湿気を追い出します。

ブロー換気ボタンは掃除のあとだけでなく、入浴後にも押して、できるだけ浴室内に湿気を残さないようにしています。

最後にブロー換気します

読んでくださって、ありがとうございます。
今日もよい一日になりますように。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事