【停電の時の明かり】ライトとレジ袋で、部屋を柔らかく照らそう

停電時、ライトにレジ袋をかぶせて点灯する方法がおススメです。

アウトドアや防災用のランタンがあるのが一番よいと思いますが、防災用品もなかなか一気にそろえられるものではなく、お持ちでないという場合もあると思います。

かくいうわが家も、ランタンはありません。

停電時の明かりは、ライトの上にペットボトルを乗せるという方法が有名です。

試してみたことがありますが、確かにとても明るかったです。

ただ、ライトの形状によっては、安定して乗せることは難しいと感じました。

ペットボトルでうまく安定させられなかった場合、レジ袋をかぶせて点灯する方法がおススメです。

ライトにレジ袋をかぶせています。

ライトをそのままつけるより、部屋をふわっと柔らかく照らしてくれます。

東日本大震災の後の計画停電時に、この方法でライトを使っていました。

暗いことは暗いのですが、それでも心強かったことを覚えています。

この方法が必要になる日が来ないことを祈りつつ、記事を書きました。

読んでくださってありがとうございます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事