乾いた床がよみがえる! 蜜ロウワックスで無垢床のお手入れ

わが家は一階はフローリング、二階は無垢の杉の床です。

フローリングの一階に比べて、杉の無垢材の床は、足ざわりがさらりとして柔らかく、冬でも冷たすぎず、気に入っています。

お手入れは、蜜ロウワックスを使って行っています。
久しぶりにお手入れしたので、その様子を記事にまとめてみました。

未晒し蜜ロウワックスCタイプ、スポンジ、手袋を準備しよう

わが家では、「未晒し蜜ロウワックスCタイプ」を使用。
Cタイプは、マーガリンのような柔らかいワックス。

ワックスを塗るためのスポンジと手袋も準備します。

塗ったあとは窓を開けて、しっかり乾かしたいので、晴れた日の朝などに作業するのがおすすめです。

準備したのは、未晒し蜜ロウワックスCタイプ、スポンジ、使い捨て手袋
プラスチック手袋E(パウダーフリー)100枚入

乾いた無垢の床を、蜜ロウワックスでよみがえらせます

二階の床は、1年以上手入れを怠ったこともあり、ツヤがなくなり、木が乾いていました。
蜜ロウワックスの撥水効果もなくなり、水滴のあともたくさんついてしまっています。

水滴の跡が目立ちます

蜜ロウワックスをスポンジにつけて作業スタート

スポンジに蜜ロウワックスを少量とって、ワックスがけをスタート!
スポンジはベタベタになるので、捨てて良いものを使うことをおすすめします。

スポンジに少量とります

床板1枚1枚丁寧に塗っていきます。

厚塗りするとベタベタになるので、とにかくうすーく、うすーく塗っていきます。

塗った板は美しいツヤが

下の写真は、奥の2枚の床板と、スポンジが置いてある板はワックスを塗っています。それより手前は塗る前です。
手前の板と比べて、色が濃く、ツヤが出ているのがわかります。

一枚一枚うすーく、丁寧に塗ります

塗り終えましたが、この時点では、ムラやベタつきが…(もっと薄く塗ればよかった…)

薄く塗ったつもりですがベタついています。

余分な蜜ロウワックスを拭き取りながら、丁寧に磨く

余分な蜜ロウワックスを取り除いて、なじませるために、ウエスで床を磨きます。

ウエス(今回は、サイズアウトした子供の肌着)を使いました。

余分な蜜ロウワックスを拭き取りながら、丁寧に磨いていくと、腕や肩が結構疲れます。

丁寧に磨いていくと、結構腕が疲れます。

ウエスで磨いたあとは、しっとりと落ち着いたツヤに。
作業前と比べて、木目も美しく浮き上がって見え、乾いた木がよみがえりました。

このまま半日〜1日乾かします。

しっとりと柔らかなツヤ。

時間がかかる作業ですが、木目を見つめながら無心に行うと、心が落ち着くようにも感じます。

無垢板一枚一枚を磨くことで、家や木への愛着も深まります。

蜜ロウワックスは、無垢材のテーブルなどにも使えるので、よかったらお試しください。

読んでくださり、ありがとうございました。
良い一日になりますように。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事