まな板とたわし

包丁のあたりが優しく、温かみのある木のまな板

私は学生時代から、20年以上、ずっと木のまな板を愛用しています。

実家のまな板も木だったので、実際にはそれ以上と言えるかもしれません。

樹脂製のものに比べて、手触りや包丁のあたりが優しいのが、なんとも言えず好きです。

お気に入りの道具は、使えば使うほど愛着が湧いてきます。

木のまな板もできるだけ長く愛用したいですよね。

私のお手入れ方法をご紹介します。

使う前に、汚れのしみこみ防止対策を

木のまな板はハイターなどで除菌、漂白できないので、少しお手入れに気を使っています。

使う前は必ず水でぬらして、汚れのしみこみを予防します。

水道水をかけて濡らし、乾いた布巾で拭きます。

こうすることで、食材がまな板に染み込むのを軽減します。  

切った食材によって変える、洗い方

使った後の洗い方は、切った食材によって異なります。

野菜や果物を切ったあと

水を流しながら、たわしでこすり洗いします。

まな板とたわし

肉や魚、揚げ物を切ったあと

1.水を流しながら、たわしでこすり洗いします(お湯をかけるとたんぱく質が固まってしまうので、最初は水洗いします)。

2.食器用洗剤をたわしにつけて、水を流しながらこすり洗いします。

3.洗剤残りが気になるときはお湯でよく洗い流します。

4.食材などの臭い残りが気になるときは、あら塩を振って、たわしでこすり洗いします。

まな板にあら塩を振りかけています

5.除菌したいときは、熱湯をサッとかけます。

※後述する、パストリーゼでも除菌できます。

まな板を洗った後は、しっかり乾燥

1.まな板を洗った後は、布巾でしっかり水分を拭き取ります。

2.除菌したいときは、高濃度アルコールのパストリーゼをスプレーします。

※前項のように、熱湯でも除菌できます。

まな板とパストリーゼ
ドーバー パストリーゼ77 スプレーヘッド付き(500mL)【パストリーゼ77】

3.立てかけるなどして、完全に乾かします。私は、IH周りに立てかけています。

IHのそばに立てかけられたまな板

4.完全に乾いたら片付けます。私は、シンク下の引き出しに収納しています。
  シンクの近くに収納すると、使うときにすぐに水でぬらすことができるのでおススメです。

汚れがたまってしまったら、まな板削り

全体的に汚れがたまってきた、と感じたときは、まな板削りで削っています。

まな板とまな板削り

この商品は、樹脂製のまな板用のものなので、木のまな板には自己責任で使っています。

まな板の色が一段明るくきれいになりますが、表面がフカフカに毛羽立った状態になってしまいます。
※この方法をされる方がいらっしゃったら、自己責任でお願いします。

また、まな板削りを使わなくても、紙やすりできれいにできそうです。実際に試したら、追記しますね。

まな板を洗うことが面倒なときは、牛乳パックで代用

肉、魚、揚げ物など汚れやすいものを切るときは、開いた牛乳パックで代用することがよくあります。

開いた牛乳パックと包丁

朝ごはんの準備など、急いでいるときにも活用しています。

使い捨てできるのが楽ですが、まな板と違ってツルツル滑って切りにくいのが難点です。

捨てる時は、生ごみ臭防止のために、さっとすすいでいます。

読んでくださって、ありがとうございます。
今日もよい一日になりますように。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事